岡田健史の出身校は創成館のキャッチャーで本名も判明?【中学聖日記】

2018年10月放送開始のドラマ「中学聖日記」で追加キャストが発表されました。

主演の有村架純さんの相手役として大抜擢されたのは19歳の新人俳優・岡田健史さん。

なんとこのドラマ出演が芸能界デビューで、去年まで高校球児だったという岡田健史さん。

高校球児の頃からイケメンで有名だったそうなので、気になる出身校や経歴を調べてみました。

岡田健史プロフィール

岡田健史

  • 名前:岡田健史(おかだ けんし)
  • 生年月日:1999年5月12日
  • 身長:180cm
  • 出身:福岡
  • 血液型:O型
  • 趣味:筋トレ
  • 日課:ゴミ拾い
  • 特技:野球

岡田健史さんは、小学2年生の頃から野球を始め、中学、高校と野球一筋の野球少年でした。

やはり子供の頃からイケメンだったようで、中学1年の頃に芸能事務所にスカウトされたそうですが、当時は全く興味がなく野球に打ち込んでいました。

岡田健史さんは福岡出身ですが、高校時代は甲子園出場経験のある長崎の野球強豪校に野球留学をしたほどで、2017年の夏まで高校球児として活躍しています。

しかし、夏に野球部を引退後、演劇部に誘われて助っ人で参加した演劇公演の出演がきっかけで、演じることの楽しさに目覚め、芸能界入りを決意したのだそうです。

これだけルックスが良いですから、何度もスカウトされたり、周りからモデルや俳優もできるんじゃない?と芸能界入りを勧められたりしていたのかもしれませんね。

ちなみにずっと野球少年だったので、現在のヘアスタイルで一番髪の毛が長いのだそうです。これからは役作りで色々な髪型の岡田健史さんがみられますね。

それにしても、日課が路上のごみ拾いというのは今時の若者には珍しい善行ですよね〜。高校時代の野球部の美化活動で始めてから、現在も続けているというから、かなり真面目な性格が伺えます。

本名が判明?

岡田健史さんは長崎県の野球強豪校でキャッチャーとして活躍していたとありましたが、どうやら出身校は創成館で間違いなさそうです。

早くもツイッターでは「岡田健史さんって、創成館の野球部のキャッチャーの水上さんだった!」との情報が上がっています。

https://twitter.com/J2Kk0/status/1031329456525213696

創成館の水上くんがイケメンと写真付きでツイートもあり、キャッチャーの顔を見ると、

確かにこれは岡田健史さんで間違いなさそうですね。

https://twitter.com/Yakyuu__Baka/status/887289461637120000

こちらのツイートの画像の方が、岡田健史さんだとより分かりやすいかもしれませんね。身長も180cmと高く、このビジュアルなら相当周りでイケメンだと騒がれたのも頷けます。

https://twitter.com/ko_ko_yakyu15/status/887288002329821186

岡田健史

岡田健史さん=創成館野球部のキャッチャー水上さんだとすると、本名は水上健史さんということになりますね。だた下の名前の健史さんも本名かは特定できなかったので、本名の苗字は水上さんということだけ判りました。

Sponsored Link

「中学聖日記」岡田健史の役どころは?

「中学聖日記」のストーリーは、有村架純さん演じる25歳の担任女教師・末永聖と、岡田健史さん演じる中学3年生の美少年・黒岩晶による禁断のラブストーリー。

美少年・黒岩晶が担任教師の聖に恋をして、聖に婚約者がいることを知りながらも自分の気持ちを抑えられずにストレートにぶつけていく、思春期の男の子らしいピュアで不思議な魅力を持った少年と女教師の純愛物語です。

以前、松嶋菜々子さんと滝沢秀明さんW主演で「魔女の条件」というドラマで最終回での最高視聴率は29.5%という高い数字を残した、女教師と男子高校生の禁断の愛を描いた物語がありましたが、今回は女教師と男子中学生ということで、また違った展開が楽しめそうです。

岡田健史が選ばれた理由

今回のドラマのキャスティングにあたって、有村架純さんの相手役がなかなか発表されなかったのは相手役発掘オーデションに約一年ほどかかったからなのだそう。

相手役はジャニーズから選ばれるのでは?とも話題になっていましたね。プロデューサーの話によると、ドラマの舞台が片田舎の中学校という設定から、少年と青年の間にいるような素朴な子にしたいという狙いがありました。

岡田健史さんのもつ純粋さや、良い意味で都会ではない場所で育ってきた洗練されていない感じと人の目を真っすぐ見て話す様が、黒岩晶のキャラクターに通じるものがあると感じて、全くの新人の岡田健史さんを抜擢したと話しています。

「中学聖日記」初出演でキスシーンも?

気になるのは、演技経験もなくドラマ出演も初めてながら、有村架純さんとのキスシーンもあるんだそうです!

岡田健史さんのコメントでは「中学生はキスを格好よくできないと思うので、等身大でやります」と赤面していたというから緊張感はハンパないでしょうね!中学生役なので、帰って初々しくてリアルな演技が期待できそうです。

「中学聖日記」の原作人気マンガ(かわかみじゅんこ:作)はフィール・ヤングで現在連載中なので、今のうち原作マンガを読んで有村架純さんと岡田健史さんがどのような展開になっていくのか想像するのも楽しみです。

いかがでしたか?約一年もの期間をかけて有村架純さんの相手役に抜擢された岡田健史さん。

創成館野球部のキャッチャーだった頃からすでにイケメンぶりは注目されていたようですね。今後の活躍が楽しみです!

Sponsored Link