【三浦春馬】歌上手すぎる動画まとめ!ダンスも一流なのは子役時代から?

2018年12月5日放送の「FNS歌謡祭 第一夜」に三浦春馬さんが出演されますね。

ミュージカルでは『キンキーブーツ』の主役を務め、三浦春馬さんの卓越した歌とダンスが大いに話題になりました。

FNS歌謡祭でもそのパフォーマンスを披露されるということで楽しみですね!

もともと演技力の評価も高いイケメン俳優の三浦春馬さんが、歌もダンスも上手いなんて知らなかった!という人も多いようです。

今回は三浦春馬さんがいつから歌やダンスをしていたのか、経歴や動画をまとめてみました。

三浦春馬プロフィール

三浦春馬

  • 生年月日:1990年4月5日(28歳)
  • 出生地:茨城県土浦市
  • 身長:178cm
  • 血液型:AB型
  • 高校:堀越高等学校
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1997年〜
  • 所属事務所:アミューズ

ビジュアルがイケメンすぎて、スカウトとかジュノンボーイ出身なのかと思っていたら、意外なことに三浦春馬さんは子役出身だったんですね!

三浦春馬の子役時代

三浦春馬さんは4歳の頃から児童劇団・アクターズスタジオつくば校に所属していました。

そして演技だけでなく、幼い頃から歌やダンスダンスの基礎も勉強していたようです。

子役としては1997年のNHKの朝ドラ『あぐり』でデビュー。

三浦春馬1997あぐり

この時7歳くらいでしょうか、カワイイですね。

こちらは2001年のドラマ火曜サスペンス「監察医 室生亜季子30 震える顔」に出演していたこ頃の三浦春馬さん。

三浦春馬2001火サス

すでに美少年!今の面影がありますね。

そして2003年のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」に出演。この時12歳。

三浦春馬2003武蔵

武蔵に弟子入りする少年・城太郎役を演じ、着々と俳優の道を進まれています。

こうしてみると三浦さんは今年28歳になるので、すでに芸歴24年のベテランだったんですね!

演技力に定評があるのも頷けます。

Sponsored Link

三浦春馬のダンスボーカルユニット時代

幼い頃から子役として活躍していた三浦春馬さんですが、一方で歌やダンスも並行して続けていたようです。

アクターズスタジオに所属しながらも、10代の頃は2004年〜2005年まで3人組のダンスボーカルユニット「Brash Brats」のメインボーカルとしても活動しています。

ストリートライブなども定期的に行っていましたが、三浦春馬さんの俳優としての活動が忙しくなってきたことをきっかけに2005年に活動休止となりました。

残念ながら音源などはありませんでしたが、SNSに当時の画像が残っていました。

この頃に現事務所のアミューズにスカウトされたそうですが、エイベックスにも声をかけられていたという話もあるので、歌やダンスの才能はすでに開花していたのでしょうね。

三浦春馬の歌やダンスが上手い動画

リクルート『タウンワーク』CM

数々のドラマや映画で活躍されている三浦春馬さんですが、歌が上手いと知られたのはこちらのCMのオンエアがきっかけだったかもしれません。

2012~2013年にオンエアされていたリクルートの「タウンワーク」CMで披露した歌声。

あまりに上手いので当初は「口パクなのでは?」なんていう噂まで出るほどでした。

ただ単にカラオケなどで上手いというレベルではなく、舞台で映えそうな美声で「歌が上手くてびっくりした!」と驚く声が多く、絶賛されました。

劇団☆新感線の「五右衛門ロックⅢ」

2012年に出演された劇団☆新感線の「五右衛門ロックⅢ」の舞台では、歌やダンスはもちろん刀さばきもキレッキレでカッコイイ!と評判になりました。

この時はまだ舞台出演が3作目にもかかわらず、圧倒的なパフォーマンスで周囲を驚かせます。

観劇した人も、「ラストシンデレラ以降に三浦春馬くんファンになった方、必見です!歌い踊り華麗に舞う殺陣に驚愕するはず。」と大絶賛でした。

舞台「地獄のオルフェウス」で弾き語り

2015年に出演した舞台『地獄のオルフェウス』では、大竹しのぶさんと共演。

ギターで弾き語りをするシーンでは、「歌も上手くてギターも弾けるなんて」「春馬くんってできないことあるの?」と魅了される人続出。

テレビやドラマでは三浦春馬さんが歌うところはまずお目にかかれませんから、生で舞台を観劇した人はラッキーですよね。

ミュージカル「キンキーブーツ」

そして記憶に新しいのが2016年のミュージカル「キンキーブーツ」です。

三浦春馬さんは主役で女装のドラァグクイーンを演じたことでも驚きですが、女性らしいしぐさはもちろんのこと、ピンヒールでキレのあるダンスと抜群の歌唱力が話題になりました。

FNS歌謡祭でもド迫力のパフォーマンスで会場の空気を圧倒していましたね!

ガッツリ女装のドラッグクイーン姿だと、せっかくの三浦春馬さんのイケメンぶりが隠れてしまってちょっと残念ですが、今年2018年12月1日に日本武道館で開催されたライブAct Against AIDS 2018「THE VARIETY 26」では、そのままの姿で城田優さんと共に美声を披露しています。

https://twitter.com/rumicha2/statuses/1069173334422614016

そして爆風スランプの名曲『大きな玉ねぎの下で』のカバーも披露!

途中で舌をペロッと出す、お茶目なパフォーマンスも!

これだけ歌えるなら、マジでCD出して欲しいし、ソロでコンサートもやってほしいですね〜。

まとめ

いかがでしたか?

ドラマや映画では演技力の高いイケメン俳優として知られる三浦春馬さん。

舞台やミュージカルでは抜群の歌唱力を余すとこと無く発揮されてたんですね。

しかも子役時代から歌もダンスもしっかり研鑽を積んできたキャリアの持ち主だったとは、知らない方も多かったのではないでしょうか?

FNS歌謡祭でその美声が広く知られることで、これからは三浦春馬さんの舞台へ足を運ぶ方も増えそうですね。

今後の三浦春馬さんの活躍が楽しみです。

Sponsored Link