伊藤聡美デザイナーの経歴や衣装の値段は?紀平梨花や羽生結弦など作品多数!

フィギュアスケートの衣装デザイナー・伊藤聡美さんをご存知でしょうか?

フィギュアスケートでは選手の華麗な演技はもちろん、その華やかな衣装も楽しみですよね。

伊藤聡美さんのことは、その顔を知らなくてもトップスケーターの羽生結弦選手や宇野昌磨選手、本田真凜選手や最近では進化が目覚ましい紀平梨花選手らの衣装で目にしていることが多い、今や売れっ子デザイナーです。

今回は知られざる伊藤聡美さんの経歴や手がける衣装についてまとめてみました。

伊藤聡美プロフィール

伊藤聡美

  • 名前:伊藤聡美(いとう さとみ)
  • 生年月日:1988年5月31日(30歳)
  • 出身:千葉県

衣装デザイナーの伊藤聡美さん、まだ30歳とお若いんですね!

伊藤聡美さんの手がけるフィギュアスケートの衣装はどれもエレガントで洗練されているので、個人的にはもっと年配の方かと思ってました。

伊藤聡美の経歴

伊藤聡美さんは高校卒業後、服飾専門学校のエスモードジャポンに入学しています。

お母さんが昔オートクチュールを縫う仕事をしており、伊藤さんも母親お手製の洋服を着て育ったそうです。そんな環境から服飾の道を選んだのは自然なことだったのでしょう。最初はファッションデザイナーを目指していました。

元々浅田真央さんのファンでフィギュアスケート観戦も趣味だった伊藤さん。授業の後にバズーカと課題を持ってフィギュア観戦に遠征していたこともありました。

2008年に神戸ファッションコンテストで特選を受賞し、その後イギリスのノッティンガム芸術大学へ1年半の間、留学されています。

伊藤さんは留学している時に将来について考えた末、好きだったフィギュアスケートの衣装に携わりたいと思うように。

帰国後はバレエや社交ダンス衣装制作で有名な老舗ブランドの「チャコット」に就職。

そこでフィギュアスケートの衣装制作の経験を積みます。そして2015年に独立。

Sponsored Link

手がける衣装はトップスケーターが多数!

2015年に独立してからはフィギュアスケート衣装を手がけてきた伊藤聡美さん。

選手名をいくつか挙げるだけでも現在活躍中の国内のトップスケーターをはじめ、オリンピックメダリストの衣装を数多く手がけています。

●羽生結弦選手のSEIMEI

https://twitter.com/StmitoD/status/1016223185509838848

●宇野昌磨選手のトゥーランドット

●宮原知子選手

https://twitter.com/StmitoD/status/796969204821868544

●本田真凜選手

●紀平梨花選手

●白岩優奈選手

紹介した以外にもたくさんの選手の衣装を制作しています。

フィギュアスケートファンの間でも「衣装が素敵だなと思ったらデザインが伊藤聡美さんだった」といわれることが多いほど。

布地の繊細なグラデーション遣いや装飾が印象的な作品が多いですよね。

衣装デザインから完成までほぼ一人で制作?

ため息が出るような緻密で豪華な衣装を手がける伊藤さんですが、一体どのようにして衣装を作っているのでしょうか。

伊藤聡美

試合のシーズンは秋からと決まっているので、選手が毎年4〜5月頃に演技構成や楽曲を決めてからデザイナーに衣装製作の依頼をします。

なので注文が同時期に重なり、複数の衣装を同時進行で進めることが多いのだそう。

2017-2018シーズンには、手がけた衣装は50着にものぼったとか!デザインはともかく、制作は一人じゃさすがに難しそうですね・・・。

実際のところ伊藤さんは基本的にデザインと装飾をメインにしているそうです。

パターンや縫製はなるべく外注にして、デザインの要である刺繍やラインストーンなどの装飾と仕上げに集中するのだとか。

装飾も指示書を作って外注を考えたものの、ラインストーンなどの装飾は細かいバランスやセンスが問われるので、伊藤さんの世界観を損なわずに制作するために、現状で頼めるのはまだ一人だけなんだそうです。

伊藤聡美のデザイン画が美しい!

ファッションデザイナーというと、描くデザイン画はかなり抽象的でデフォルメされたイラストが多いですよね。

手足や顔も直線的で実際の人間とは程遠いイメージ画になるのが通常ですが、伊藤聡美さんの場合はここが違うんです。

依頼する選手からの評判が良いのはこのデザイン画が具体的で、より完成時がイメージしやすいからともいわれています。

宇野昌磨選手や本田真凜選手のイラストも雰囲気が本人に似ていて、このままイラストとして飾っておけるほど美しいですね!

フィギュアスケートの衣装ルールが厳しい!

競技上、重要なことでもありますがフィギュアスケートでは、衣装のパーツが氷上に落ちると競技中の転倒と同じ1.0点の減点になってしまうというルールがあります。

また、過度に肌を出したもの・裸体を連想させるものもNG!

男子選手はズボンは靴が隠れる長ズボンのみでタイツの着用もダメなのだそう。

他にも細かいルールがあり、動きやすさや耐久性も重要。

伊藤さんは常に選手のジャンプや回転を邪魔しないデザインを念頭に置き、男子選手の衣装の重さは800gほど、女子選手に至っては300gほどに抑えているそうです!

伊藤聡美の衣装デザインのお値段は?

伊藤聡美

通常フィギュアスケートの衣装は既成品で15〜20万円位はするといわれています。

ジュニアの選手などは先輩選手からお下がりをもらったり、お母さんたちが手作りで衣装を作ったりもしています。

超売れっ子デザイナーの伊藤聡美さんに依頼すると衣装の値段はいくらぐらいになるのでしょうか。

伊藤聡美さんのホームページによると、男女ともに20万円前後から受け付けているとのことで、これはおそらく最低20万円〜という意味でしょう。

かつて浅田真央選手が身につけていた衣装が100万円だという噂もありましたから、世界大会に出場するようなトップ選手なら、フルオーダーメイドでしかも装飾の豪華さや機能性を鑑みても一着50万円以上はするんじゃないでしょうか?

一般人からみると衣装代はかなり高価だと思いますが、普通の舞台衣装とは違って激しい動きのフィギュアスケート競技です。機能性と装飾性を兼ね備え、且つ衣装ルールに反しないものを!と思うとかなりの技術とセンスが問われますから、このくらいのお値段は当たり前なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

伊藤聡美さんの経歴や衣装デザインについてまとめましたが、衣装といってもかなり専門性や技術を必要とする難しいジャンルのデザイナーだということがわかりました。

まだ30歳と若い新進気鋭のデザイナーの伊藤聡美さん。今後手がける作品が楽しみですね。

Sponsored Link