【プリンセス駅伝】飯田怜の怪我の真相は?四つん這いの理由が壮絶!

10月21日に福岡県で開かれた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」で、

岩谷産業の飯田怜選手が走れなくなるハプニングがあり話題になっています。

飯田怜選手は走れなくなると地面を四つん這いで進み、膝が血だらけになりながらも執念で次の走行者にタスキをつなぎました。

走れなくなったのは怪我をしたからでは見られていますが、かなりの距離をハイハイで走り通した飯田怜選手。

根性でたすきを繋いだ飯田怜選手、なぜ周りが止めなかったのかなど賛否両論巻き起こっていますが、

飯田選手に一体何が起こっていたのでしょうか。

情報を追ってみました。

プリンセス駅伝で飯田怜選手のアクシデント概要

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会である「プリンセス駅伝」が21日、福岡県の宗像市と福津市で行われている。

2区で岩谷産業の飯田怜が第2中継所手前から走れなくなり、両手、両膝ではって中継所にたどり着きタスキをつないだ。

2区には3番手でリレーしたが、何らかのアクシデントがあったと見られ、TBSによるテレビ中継で第2中継所の勝浦浜の前から両膝を地面についてはって前に進み始む姿が伝えられた。

はって進んだ正確な距離は判然としないが、両膝から血を流しながら中継所にたどりつき、最後尾の27番手ながら3区の今田麻里絵にタスキをつないだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000072-dal-spo

ゴール手前の数メートルであればそんなに話題にならないのですが、飯田怜選手がハイハイで進んだ距離がかなりの長さで、200m以上だったため中継ではかなり騒然となっていました。

飯田怜選手について

飯田怜

  • 名前:飯田怜(いいだ れい)
  • 年齢:19歳
  • 所属:岩谷産業(2018年入社)
  • 出身地:熊本県
  • 出身高校:ルーテル学院高校
  • 自己記録1500m:4分34秒84(2017.06)
  • 3000m:9分35秒69(2018.05)
  • 趣味:ドラマや映画をみること
  • 陸上を始めたきっかけ:初レースのロードレース大会で優勝した事がきっかけです
  • 今年の目標:3000mを9分30秒台で走ること、5000mや10㎞に挑戦すること

引用:https://running.iwatani.co.jp/member/281/

膝を血だらけにしながらも根性で完走して見せた飯田怜選手、まだ高校卒業したばかりの若い選手だったんですね。

若さゆえ、根性で乗り切れたのかもしれませんが、見ている方は「もうやめて!」「誰か止めてあげて!」とヒヤヒヤしながら見てしまいましたよ。

Sponsored Link

飯田怜選手が四つん這い走行した理由

2区で走行者だった飯田怜選手。残り240m付近で転倒したようなんです。

https://twitter.com/tbsrikujou/status/1053852075698741248

転倒してケガをしたのかと思いましたが、体調不良で出て走れなくなったことでふらつき転倒。

それでも諦めずにタスキを繋ぐために膝から血を出しながら四つん這いで進み、なんとか3区の今田麻里絵選手にタスキをつないだ・・・といった状況だったようです。

飯田怜選手は怪我をしていた?真相は?

飯田怜選手がハイハイで200m以上も走行したので膝からの流血が心配されましたが、そもそも走れなくなったのは怪我をしたのでしょうか?

捻挫や骨折だったら大変です。

まだ事実関係は明らかにされてませんが、飯田怜選手は以前「足の故障」で走れなくなっていた。

それが再発したのでは?という声も見られました。

賞賛の声と同様、批判の声も

プリンセス駅伝。物凄いものを見た衝撃が覚めやらぬのだけれど。這ってでも襷を繋ぐとか言葉では聞いたことはあるけれど、比喩ではなく実際にやるとは。アスファルトで。血を流しながら。恐らく賛否両論、運営も会社も相当批判されると思うけど、僕は正直痺れました飯田怜選手。よし、今すぐ頑張ろう。

 

飯田怜さん お疲れ様です 凄まじい根性と精神力

 

岩谷産業の飯田怜(19)さんの四つん這いで進む姿は凄かった。 ああやってチームの為に、誰かの為にがんばれる人は「信用」を得られる。 今の真っ直ぐな心のまま成長して下さい

 

飯田怜選手が四つん這いになりながらも、タスキをつなぐために最後まで進んだ。いまだ選手は泣いていた。 僕も泣きそうになってしまった。 感動をありがとうございました。

 

棄権もドクターストップもかけられない運営陣、監督に恐怖を覚える。根性論は精神論ではあるとは思うが、こんな状況を美談にするのは異常だ。

 

プリンセス駅伝ひでーな。脱水でまともに走れない選手走らせたり中継所手前で結構あるのに四つん這いで進むって。これをすごいとか美談にしたらいかんだろ。走れない状態ならすぐに止めるべきだぜ

 

立てなくなっても襷を繋ごうとした話、これを美談で済ませるのはおかしいと思う これがずっと続いたら駅伝で人死んじゃうよ…?

美談にしていいのは走れる状態のうちだけじゃないか…?

 

でもプリンセス駅伝はこの季節で駅伝には暑いのに昼スタートだし、予選だからレベルにも差があるのに10km区間2つあるから毎年のように何か事故る

今回の駅伝中継では飯田怜選手の怪我の原因や理由が一切流れていなかったので、この後明らかにされていくと思います。

飯田怜選手自身も「できる」と思って諦めなかったのだとは思いますが、19歳とまだ若くこれからの活躍が期待される選手ですから、無理が生じて今後の選手生活に影響が出ないことを祈るばかりです。

このハプニングを機に、駅伝運営方針の見直しや監督責任についても話し合われることになりそうですね。

※追記

飯田怜選手の周りにいた男性は運営側のスタッフだけだったようです。

箱根駅伝と違って社会人駅伝は、走っている選手の後ろに監督者が付いているわけでは無いので、すぐに駆け寄って棄権させるとか状況判断できる状態ではなかったみたいですね。

とはいえ、こんなアクシデントが起こってしまった以上、今後の事故を防ぐ対応策が急がれることでしょう。

そして先ほど入ってきた情報によると、飯田怜選手の怪我の状態は、主催者側によるとレース後に右脛骨の骨折で全治3~4カ月と診断されたそうです。

やはり骨折していたんですね!

脛骨といえば、向こう脛の一部ですからかなり激痛だったのでは・・・?

全治3~4カ月の重症だったなんて頑張りすぎですよ(驚)

将来のある選手ですから、今後は絶対に無理せずどうかお大事になさって欲しいですね。

Sponsored Link