相澤悠太の犯行動機は生い立ちが原因?東北学院で清野巡査長と関係あり?

9月19日、午前4時過ぎに仙台市宮城野区の東仙台交番で「現金を拾った」と言って訪れた男が巡査長の清野裕彰さん(33)を刺殺し、男も発砲され亡くなるという事件が起きました。

調べによると犯人は相澤悠太(あいざわゆうた)容疑者で、まだ21歳の大学生だったと判明しています。

学生が朝方に交番で起こした刺殺事件、いったい動機はなんだったのでしょう?気になる情報を追ってみました。

相澤悠太の刺殺事件の詳細

事件になったいきさつは下記の通り。

宮城県警は19日午後、男の身元を21歳の大学生・相沢悠太容疑者と発表した。

事件が起きたのは、仙台市宮城野区の東仙台交番。午前4時すぎ、やってきた相沢容疑者は、「現金を拾った」と告げたという。

対応にあたったのは、清野裕彰巡査長(33)と、47歳の巡査部長の2人。

その後、巡査部長が清野巡査長に対応を任せ、隣の部屋に移動すると、しばらくして言い争う声が聞こえてきたという。

そこで、巡査部長が様子を見に戻ると、血だらけで倒れる清野巡査長のそばに相沢容疑者も倒れていたという。

やがて、相沢容疑者が20cmほどの刃物と、サブマシンガンのようなものを持って立ち上がり、襲いかかってきたため、巡査部長は「刃物を捨てろ」と警告し、威嚇発砲をしたうえで、男に拳銃2発を発砲。

その後、相沢容疑者と清野巡査長は、救急搬送されたが、病院で死亡が確認された。

近所の人は、「こんな大事件というかニュースが身近なところで起きるのが、すごくびっくりして」と話した。

現場は、JR東仙台駅からおよそ200メートルの住宅街。目の前には、中学校もあった。

引用:https://www.fnn.jp/posts/00401267C

朝の4時に「現金を拾った」と届けに来ながら、刃渡り20cmほどの刃物とマシンガンのようなものを持参していた部分に精神的にヤバイ状態だったのはないかと思います。

また事件当時に持っていたウエストポーチやバッグにはカッターナイフやはさみ、ドライバーも入っていたそうで、凶器だらけ。

計画的な犯行だった可能性もあるとして捜査が続けられています。

刺殺された清野巡査長について

清野巡査長

清野巡査長は33歳。2013年に警察官になり、2017年4月から現場となった東仙台交番で勤務。

高校時代は、地元仙台の東北学院高校の硬式野球部に所属して甲子園を目指していたそう。

東北学院高校の岩上敦郎副校長のコメントでは「硬式野球部の副主将もされていた方で、非常に真面目で優しくて、リーダーシップのある生徒でした」と語っています。

33歳であれば結婚して奥さんや子供もいるかもしれません。

ご両親もまだ健在の年齢でしょうし、突然奪われた命にご家族の悲しみは計り知れません。

Sponsored Link

相澤悠太の犯行動機は生い立ちが原因?家族について

相沢悠太容疑者

相澤悠太容疑者の年齢は21歳で、東北学院大学の文学部・歴史学科に在籍していました。

ニュースで報道されていた顔写真は中学生か高校生の証明写真のようで幼いですが、どこか神経質そうな印象を受ける顔つきです。

普段は物静かでおとなしい性格だったそうです。

相沢悠太容疑者の同級生によると、「小声で何をしゃべってるのかわからない」ということが多く、内気だったようです。

相沢悠太容疑者

家族構成は両親と弟の4人家族。

ネットの情報によればネグレクトや自閉症、精神疾患があったのではないかと予想されています。

世間で最近よく話題に上る「ネグレクト」であれば、一見なんの問題もない一般的な中流家庭でも、親子間でだんだん関係性がこじれていったのかもしれません。

また、親が社会貢献度の高い活動をしている場合、世間体を気にしなけれならない立場だと子供の教育に厳しくなり、「家庭内不和」になる傾向があります。

近い例だと、今年6月に富山県で起きた島津慧大容疑者の「交番侵入・拳銃乱射事件」でも父親がPTA会長を務めていたという例もあります。

それにしても相澤悠太容疑者は、家族と住む自宅から朝の4時に刃物と、サブマシンガン、他の凶器を自宅から持ち出したのでしょうか?

両親のコメントはまだ発表されてませんが、同居していたとすれば相沢容疑者の異変に親がなぜ気づかなかったのか疑問です。

もしかしたら数年前から引きこもりでコミュニケーションが取れない関係だったのではないか、または精神疾患でそばに近寄れないような関係だったのではないかと想像はつきません。

相澤悠太容疑者と清野巡査長とは出身大学が同じ?

相澤悠太容疑者もすでに亡くなっているので正確な動機は判明しておらず、清野巡査長と面識があったのかは現在不明ですが、共通項として2人とも東北学院大学出身なのです。

清野巡査長が33歳、相澤悠太容疑者は21歳と一回りも年齢が違うので直接の繋がりはなかったと思いますが、もしかしたら間接的に何か共通の知人がいるとかあるのかもしれません。

まとめ

犯人がもうこの世にいないとなると、相沢悠太容疑者の正確な犯行動機はわからないままですが、6月に富山県で起きた島津慧大容疑者の「交番侵入・拳銃乱射事件」にもあるように、犯人が若い場合、何かしら家庭での問題が絡んでいそうな気がします。また、「物静かでおとなしい性格」と同級生にいわれていたように他者とコミュニケーションが取りにくく、鬱屈した思いを抱えてたのかもしれません。

いずれにせよ、まだ不明な点が多いこの事件。これからさらに周囲の捜査が進み、動機が明らかになってくると思われます。

Sponsored Link